ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




プリクラみたいな→?


レシルたんに勧められて、「がんぐろ」でプリクラ撮ったのですー!
わーい、真っ黒で個性的なのですね(´ω`*)
ミューたんも誘って一緒に「ぎゃる」になってみたのです~。

…お兄ちゃんが泣いていたのは何ででしょう??
かっこいいフィーを見て、感動したのでしょうかー?




>後記
プリクラのフレーム描くのって意外と楽しいのですねーw
あと、ギャル語がよくわからなかったのでプロフの言葉が多少(全部?)死語になっていますがご容赦をーorz
スポンサーサイト




時間が出来たので、戦争に参加していたのです~。
目的はもちろん海羊の羊毛とミルクキャンディなのですよ(´ω`*)

今回は運が良くて、いっぱい遊んでもらったのです^^
馬のヒヅメなどもゲットできて大満足なのですよーw

ボーフォンの皆さん、お相手ありがとでした~。
サイロンの皆さん、お疲れ様でした&色々とありがとうございました><、

さー、珍しい材料が手に入ったので、合成いっぱいするのですよー(´ω`*)





マフィン作りに挑戦なのです


ついにフィーも武道会に参加したのです!
わーい、いっつもお兄ちゃんやフォルたんに抜け駆けされて悔しい思いを…。
…でも、武道会って何をするところなのでしょう??

どうやら、フィーはカエデちゃんとルシたんと同じチームみたいなのです(´ω`*)
え、マフィンを作るのですか?
二人ともエプロンを付けているのですー。


フィーは料理をしたことが無いのですけど、合成と同じですよね?
だって、フィーはンマイ棒とか原始肉とか作ったことありますし!^^
そういうことならカリスマ合成士(自称)のフィーにお任せなのですよー。


…あれ、他のチームはメンバーが4人いるのに、フィーたちは3人なのです?

??「私もいるよっ忘れないでね♪」

傭兵マフィン



わぁい、喋るマフィンが傭兵さんに来てくれたのですー!
さすが武道会、不思議なものがいっぱいあるのですねっ。

というわけで、「カエデちゃんのお料理教室」始まり始まりー(´ω`*)


■一日目
「カエデちゃんのマフィン教室 VS 夏休みボケだよ、フランメ先生」

カエデ=ネイヴィス:『 ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ、ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ、ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっち 』
傭兵マフィン:『 今日はオレンジチョコマフィンだよっ! 』
紫珠のルシリア:『 みなさーん、料理は愛情ですよー、愛が極上の調味料になるんですよ~v 』
フィリアス:『 わぁい!ちゃんと(合成)材料持ってきたのですー!│ω・)っ(アーゼルレモンとンマイ棒(チョコ)) 』


クラージュ:『 …zZ……………Σはわっ……今日から新学期じゃないですかっ!もう9時っ!? 』
フランメ:『 今日は9/1・・・、まだまだ夏休み・・・  ( _ _ ).zzz 』
リリス:『 先生、前の日に準備し忘れちゃいました・・・、って先生いないし! 』


某学校の調理室を借りてマフィン作りをしていたら、教室を間違えた生徒さんたちが入ってきたのですよー。
給食の時間に間に合うようにマフィンを作るのです!


カエデ=ネイヴィス:『うんむ、砂糖と塩を間違えるとかベタなのはダメだよね、指差し確認よーし 』
傭兵マフィン:『爽やかなネーブルオレンジとプチチョコレートが相性バツグン! 』
紫珠のルシリア:『はーい、ちゃんとレシピどおりに作れば失敗しないは・・・ず・・・?フィーたんっ?! 』
フィリアス:『アーゼルレモンとンマイ棒(チョコ)の合成を開始した…(行動力-20) …事故が発生!黒い塊が生成された! 』

クラージュ:『遅れてごめんなさいおはよーございますー……って、あれフランメ先生まだ来てないんですね、セーフ! 』
フランメ:『( ~o~)ハッ、9/1って実は学校だね、急いでいかないと 』
リリス:『先生がいないから自習だよね、いまのうち夏休みの宿題でもやろ~♪ 』


カエデ=ネイヴィス:『~~~~~♪(鼻歌交じり) 』
傭兵マフィン:『オレンジピールを練り込んだ、さっぱりとした味わいです。 』
紫珠のルシリア:『カエデちゃん?!火薬とお砂糖とお塩は間違えちゃだめーーーーッ!! 』
フィリアス:『あれー、みんなのマフィンは綺麗なオレンジ色なのにフィーのだけ黒い…おかしいのですー(・ω・`) 』
カエデ=ネイヴィス:『あれー、みんなのマフィンは綺麗なオレンジ色なのにあたしのだけ焼いてないのに焦げ臭い……おかしいねー 』

クラージュ:『今日はフランメ先生がお休みで、家庭科の実習ですかね……?マフィン作り……です? 』
フランメ:『きっと皆も忘れてこないだろうから、今日は休もうかな・・・ 』
リリス:『先生遅いな~、実はまだ家で寝てたりして? 』


あれー、黒いマフィンができたのですよ?ルシ先生のは綺麗なオレンジ色なのに…(・ω・`)
あと、カエデちゃんのマフィンが火薬臭いのですー。フィーも負けてられないのですよ!


■二日目
「醤!炎の料理人対決!  VS カエデちゃんのマフィン教室」

武陽春 楓羅鬼:『 今日の相手は・・・、マフィンが喋っとる・・・っ!そして喋るマフィンを作った料理人が相手だと!? 』
傭兵ベズン:『 さて、本日もこの時間がやってまいりました、はてしてどんな究極の対決を見せるのか… 』
傭兵カルル:『 解説の傭兵カルルです、本日はよろしくおねがいします 』
リディア=エアリアス:『 …えっと、今日は先生が戻ってくる日だったはず、これで解放されますか? 』


カエデ=ネイヴィス:『 ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ、ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ、ちゃちゃちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっちゃっち 』
傭兵マフィン:『 今日はちょっと軽食向き、チーズマフィン(275kcal)なのだ☆ 』
紫珠のルシリア:『 料理人ときいては黙っていられませんッ!カエデちゃんもフィーたんも気合入れるのです! 』
フィリアス:『 料理対決なのですか~負けないのですよ!(*´ω`)っ(黄色い触手) 』



チーズマフィン


というわけで、今日はチーズマフィンなのです^^
フラキ師匠が本格中華マフィン(?)を作るらしいので、楽しみなのですー。


武陽春 楓羅鬼:『料理に命を持たせる・・・そんなことが可能なのか・・・。これが俺と本物の鉄人の差なのかっ!? 』
傭兵ベズン:『本日の挑戦者は返り咲きをかけた真のフレンチ対決、本物のフレンチの鉄人紫珠のルシリア 』
傭兵ベズン:『今日のテーマはお菓子の中のお菓子「マフィン」です 』
傭兵カルル:『マフィン、良いですね、私はこのお菓子には深い思い入れがありまして、初めて…(以下延々とエピソードを語りだす 』
リディア=エアリアス:『…ぇっと、何でまた私が料理を作ったりしないといけないんですか? 』

傭兵マフィン:『 北海道産のゴーダチーズを 練り込んだ生地が最高だよ! 』
紫珠のルシリア:『カエデちゃん、今日は火薬使ってもOK!ただし相手にね!(悪 』
フィリアス:『さぁ楓羅鬼師匠!おんみょ…チーズマフィン弾を、食らえ~っ!(ポイポイ 』
カエデ=ネイヴィス:『はいなっと、火薬樽2でせっとー 』


リディア=エアリアス:『あ、お菓子作りは得意なんですよ、私、甘い物大好きですし 』
武陽春 楓羅鬼:『うぉっ、まぶし・・・くねぇよ!ちゃんと三角巾つけてるわっ!! 』
傭兵ベズン:『さて、どんなマフィンが飛び出すのか…今日は激戦が予想されます 』

カエデ=ネイヴィス:『隠し味にメメ特製シチューを少々…… 』
傭兵マフィン:『さらにダイスチーズを混ぜ込んだリッチな味わいなんだ。 』
紫珠のルシリア:『フィーたん、合成・・・もとい材料をあっちのチームから(勝手に)もらっておいで~!!(悪 』
フィリアス:『うぁっ(師匠の頭が)まぶしっ!…マフィン投げすぎてなくなったのですー。材料調達了解なのですよー!(`・ω・´)b 』


白熱する料理対決、そしてフィーは…


傭兵カルル:『挑戦者のあの動き只者ではありませんね、やはり本物の鉄人なだけはあります 』
武陽春 楓羅鬼:『なんか千切れるような音がしてるのは気のせいだよな・・・。うむ、このままじゃ勝てねぇ!合作だ、リディアッ!! 』
傭兵カルル:『しかし、やはり気になるのは助手?の動きでしょうか何を作ってるかが気になります 』
リディア=エアリアス:『でも、フレンチの鉄人(代理)なんて称号いりませんから、ルシリアさん帰って来てください 』

カエデ=ネイヴィス:『えっと、お砂糖お砂糖どこに置いたかな……あれ?ない? 』
傭兵マフィン:『昨日の甘いマフィンに飽きたら、今度は少し塩味のマフィンはどうですか♪ 』
紫珠のルシリア:『フレンチの鉄人(本物)名にかけて、どんな手を使ってでも勝たねば!(燃 』
フィリアス:『(ブチブチブチっ)黄色くない触手が手に入ったのですーきっとレアなのですー^^ 『楓羅鬼の髪の毛とチーズマフィンを合成した…(行動-20) …事故が発生!「触手の生えたマフィン」が生成された!』


わぁい、珍しいマフィンができたのですー!
珍しすぎたためか、フィーだけ会場からつまみ出されちゃいましたけど;なんででしょう…ひどいのですー(・ω・`)


■3日目
「偽物は誰だ!!! VS カエデちゃんのマフィン教室」

レイナ=シャッテンシルト:『 今度は学生さんですか… しかし、偽者の疑いがある以上…拷も…コホン、尋問する必要がありますわ… 』
傭兵バテンカイト:『 フフャハハハハハハハ…!!偽者探知機・改の出番だぁ! 』
傭兵大門:『 ごうも・・・? そうか!剛毛だと助かるんだね!おじさんは剛毛だよ! 』
ミユ=G=リプル:『 バテンカイトさんは壊れてきたし、大門さんはアレだし… 傭兵にはろくな人が居ないんですね… 』


カエデ=ネイヴィス:『 犯人は……この中に居る! 』
傭兵マフィン:『 今日はパンプキンマフィンだよ。ちょっとヘルシーに野菜も採らないとね! 』
紫珠のルシリア:『 せっかく昨日本物認定されたのに、偽者の疑いですかっ!?ひどいッ!! 』
フィリアス:『 わーいグリたんなのですー!一緒にマフィン食べるのです(´ω`*) 』


わわ、傭兵大門さんという方がグリルニックたん(の画像)だったのですよー!
アーゼルから遊びにきてくださったのですね、感激なのです!
そう言えば、大門さんはフィガロママが武道会に出たときにはマストお兄さんとして出場されたいましたね。
大門さんは変装と物真似の達人なのです~!

そして今日のマフィンはこれなのですー

パンプキンマフィン



レイナ=シャッテンシルト:『ああ、どんな『尋問』にしましょうか、今からワクワクしてきましたわ… 』
傭兵バテンカイト:『今回も反応がぁ! ヒヒャハハハハ…あの教師から…本当に教師か? 』
傭兵大門:『女教師は本物に違いない。本物でないと男の夢の力が……ドリームパワーが…… 』
ミユ=G=リプル:『…作業工程見ていたら、とても食べたくないですよねぇ… 』

傭兵マフィン:『 ほんのり甘いかぼちゃを皮付きのまま練り込んだ自然な甘味を活かした味だよ! 』
紫珠のルシリア:『く、クーポン券?!な、なんの?!ってか、私たちは本物のマフィンしか作ってませんよ~~っ; 』
フィリアス:『クーポン券とマフィンの合成を開始した…(行動力-20)…事故が発生!子ライラが生成された! 』
カエデ=ネイヴィス:『~~~~~~~♪(気にせずまぜまぜ 』


レイナ=シャッテンシルト:『…大丈夫ですわ、体には傷は残しませんから… 体、には…(クスクス) 』
傭兵バテンカイト:『敵を庇うとは… クックク…大門、貴様も偽者かぁぁぁ!? 』
傭兵大門:『僕は本物の女教師と女生徒好きです 』
ミユ=G=リプル:『…まぁ、分かり切っていた結果と言うか… 』

カエデ=ネイヴィス:『~~~~~~~♪(カボチャまるごと一個を大胆にまぜまぜゴリゴリ 』
傭兵マフィン:『トッピングはローストしたかぼちゃの種!中も外もかぼちゃ尽くしだよ! 』
紫珠のルシリア:『究極のプリンも至高の餅もありませんッ、マフィンですってばッ!!・・・作れないこともないけど。 』
フィリアス:『じゃあ今日からプリン教室とお餅教室にするのです!(ぇ 』


お、おかしいのです…レイラさんたち、前日に渡されたカンペ(セリフ)と違うのですよー!?w
会話が噛み合ってないのですー。
はっ、これも作戦のうちなのですね?(何の?
(※どうやらセリフを入力し忘れたそうですw)



レイナ=シャッテンシルト:『…(大門をじっと見つめる) 』
傭兵バテンカイト:『まぁいい。 私の偽物探知機・改はぁ…完全無欠!!疾風怒濤!!出前迅速!!…死角はなぁい! 』
傭兵大門:『さあ、お嬢さん達! このイケメンに飛びこんでおいで!! 』

カエデ=ネイヴィス:『はっ、今まで気付かなかったけど…マフィンが喋ってるっ!? 』
傭兵マフィン:『これで248kcal!今まで出一番低カロリーでヘルシーだよっ!さぁ、どうぞ☆ 』
紫珠のルシリア:『ななな、なんか壊れた人がいるけど、私たちが作ったお菓子で正気に戻ってくれるかしら・・・? 』
フィリアス:『子ライラがマフィンを求めて暴走したのですー!わーい!^^ 』











カエデ=ネイヴィス :  『ん~……なんだか激しくちがうよ~な。またあしたーっ 』
傭兵マフィン :  『お持ち帰りですか~?それとも店内でお召し上がりですか~? 』
紫珠のルシリア :  『自分でもなんだけど、このマフィン食べるのちょっと怖い・・・しゃべるし・・・。 』
フィリアス :  『子ライラが喋るマフィンを食べちゃったのです(´;ω;`) 』


そしてオチ(?)が付いたところでマフィン教室終了なのです~。
わぁい、これでフィーもお菓子作り名人なのです^^
カエデちゃん、ルシ先生、お世話になりましたのですー!(ぺこ

こっそりと毎日マフィンの画像を差し替えてみたり、作戦会議のときに普通にお菓子の話で盛り上がったり、とても楽しい武道会でした。
みなさんありがとうございました~。


■後日談



「パパー!フィーが作ったマフィン食べてほしいのですー」



「おぉっ、フィリアスが作ったのか!感激だぜーっ!特にこの気味の悪い色加減とかセンス抜群だな!それに、触手みたいなのも生えてるぜー!こんなグロテスクでロケンローなマフィンを作れるなんて、すごい才能あるんじゃないかーっ!?」



「照れるのですー(*ノノ)パパのお口に合うといいのですけど…」




「どれどれ…(パク)。
 ………………!…………!!……………………!!!!」





その後ジェフはマフィン恐怖症になったと言う。




わーい!ついに鍛冶屋が直ったのですー^^
さぁ、早速銀行から合成アイテムを取り出して…







(((゜д゜;)))

(((゜д゜;)))





しぐまー!?!!!!!!!!




一日目
一日目



二日目
二日目

二日目



ヴェラさんのばかーーーー!・゜・(ノд`)・゜・
合羅中毒のフィーが強化(建設)提案したのなんて初めてなのですよ、うあーん!


武道会詳細(?)はまた今度なのです~。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 黒猫通信, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。